So-net無料ブログ作成
検索選択
もし足りなかったら ブログトップ

家計の見直しで資金を捻出する方法とは? [もし足りなかったら]

家計の見直しで資金を捻出する方法とは?


III. 家計の見直しで乗り切る!

住宅ローンの見直しで乗り切る!

こどもが小学校に上がる前くらいのタイミングで、
住宅ローンを組んで家を買われる方も多いと思います。

住宅ローンには、大きく分けて固定と変動の2つ、

 ・35年など長期の固定金利
 ・変動金利 (3年固定や5年固定など短期間の固定も含む)

の2パターンがあります。


長期固定の住宅ローンは変動金利よりも
最初から金利が高めのため、毎年じわじわと家計を圧迫する
恐れがあることに注意が必要です。

変動金利(および短期固定)の住宅ローンは、
低金利が続いている限りは金利が低いですが、
教育費の一番大変な時期に、住宅ローンの返済額が
上がる恐れもあることに注意が必要です。


一方、住宅ローンを上手に選ぶことができたり、
上手に借り換えたりすると、数十万円~数百万の
メリットが出ることがあります。

 ※住宅ローンの借り換え、を考えている方には
   ⇒ 住宅ローンサポートパックオススメします。


また、教育資金の負担を控えた方の「繰上げ返済」
には注意が必要です。

もし、

住宅ローンを繰上げ返済したら
教育費が足りなくなり、
仕方なく教育ローンを借りようとしたら、
そのほうが金利が高い、

ということになったら、本末転倒です。

教育費との兼ね合いを考えておいたほうがいいですね。





● 保険の見直しで乗り切る!

生命保険は勧められるままに加入したので、
実は内容もよくわかっていない、
なんてことはありませんか?

そんな方は、一度すべての保険を見直してみる
ことをお勧めします。

例えば、10年とか、15年の更新型に
入られているかたは、更新で保険料が上がる時期と、
教育資金の負担が重くなる時期が重なっていないか、
保険証書を出して確認してみましょう。

保険はいつでも変えられるわけではありません。

健康上の問題が特にないうちに見直されることをお勧めします。
必要な保障額は結婚したり、子供ができたりといった
ライフスタイルの変化によって変わっていきます。

新しいタイプの競争力のある保険も登場していますので、
適切な保険見直しを行うと、ぴったりな保障を確保しつつ、
保険料をぐっと削減できる可能性があります。

そして、保険見直しに成功したら、
浮いた分を教育資金や貯蓄に回しましょう。


プロのFPの力を借りて保険見直し、整理をしたい方には
保険見直しサポートパック の利用をオススメします



FPに相談してみる
FP相談室[FPサポートBOX]


教育ローンを利用する方法とは? [もし足りなかったら]

教育ローンを利用する方法とは?


II. 銀行や国の教育ローン

代表的な教育ローン

             金利    保証人など     貸付限度額            融資対象

日本政策金融公庫
教育一般貸付    *固定
            年2.2%   連帯保証人
                    または
                  保証料1%相当    学生一人につき
                               200万円           給与所得者は
                                               年収990万円以内
                                               事業所得者は
                                               770万円以内

日本政策金融公庫
郵貯貸付       *固定
            年2.2%   連帯保証人
                    または
                  保証料1%相当   学生一人につき
                              200万円で
                             教育積立郵便貯金の
                             残額の範囲            教育積立郵便貯金
                                                の貯金者

銀行           固定
             ~年7%
             程度    無担保・無保証
                   もある        300万円~500万円
                               が主流              20歳以上
             変動
             ~年5%
             程度

  *参考:H20年4月時点の金利です


● 国の教育ローン

 高校以上の学生・生徒の保護者に貸すのが原則です。
行政改革推進法や国会審議を踏まえ、
20年以降は、融資対象の範囲が縮小されました。
詳しくは、日本政策金融公庫のホームページ(国の教育ローン)


* 教育一般貸付は20年10月以降、世帯年間収入に応じた融資対象と
  融資額であったものが子供の人数に応じた金額になります。

* 郵貯貸付に伴う教育積立郵便貯金の新規預入は
  平成19年9月末で終了しています。

* 年金教育貸付のご利用にあたっては、
  独立行政法人福祉医療機構による申込のあっせんが必要となりますが、
  現在、同機構は申込あっせん業務を休止しております。

詳細は、日本政策金融公庫のホームページでご確認くださいhttp://www.kokukin.go.jp/kyouiku/index.html


● 金融機関の教育ローン

労働金庫や銀行、JAなどが扱っています。

無担保と有担保、固定金利と変動金利があるほか、
子供が就職した後に子供自身が返済を引き継ぐ
「親子リレー返済」が利用できる金融機関もあります。

融資金額や資金使途の自由度が高く、
商品内容にバリエーションがある点が特徴です。

幼稚園入園からでも利用できたり、借入上限額が高いのも特徴です。
融資までのスピードが速くて手続きも比較的、簡単です。

公的ローンより金利は高めですが、
取引状況に応じた金利優遇があったり、
シーズンになると金利優遇キャンペーンが行なわれる
金融機関もあります。

ただし、融資条件として世帯年収の下限や、
保護者の年齢に制限がある場合もあります。


FPに相談してみる
FP相談室[FPサポートBOX]


奨学金を利用する方法とは? [もし足りなかったら]

奨学金を利用する方法とは?

教育資金が十分に準備できないまま、
高校や大学の時期を迎えてしまったときには、
もらったり、借りたりして、何とかするしかないですね!

――奨学金や教育ローンを利用する方法があります。


I. 奨学金

まず検討したいのは、奨学金です。

卒業後に返済する貸与制度と、返さなくていい給付制度があります。

貸与の場合も、無利子低金利なので
ムリなく自分で返済しやすいため、
今後ますます利用者は増えそうです。

自分が利用できるものを事前に探しておくと良いでしょう。


1.日本学生支援機構 (旧 日本育英会)

「第一種奨学金」と 「第二種奨学金」があります。
第一種は成績が優れた学生に無利子で貸与されます。

(ただし経済的支援が必要という一定の基準を
 満たしていることが要件となっています。)

第二種は第一種より、学力・家計基準が緩やかで
有利子での貸与になります。

ここ数年、貸与条件を満たす希望者の
ほぼすべての学生が採用されています。

経済的理由によっては、
第一種と第二種の併用も可能です。

申し込み機会は高校3年次に高校を通じて申し込む「予約採用」と、
大学等進学後に学校を通じて申し込む「在学採用」の2回あります。

受付期間が限定されているので、利用したい場合は注意が必要です。

日本学生支援機構の奨学金の種類

      第一種奨学金                第二種奨学金
                            (きぼう21プラン)
利息     無利息             利息付(在学中は無利息)年利上限3%

                        ・貸与期間中の貸与利率の平均を返還
                          利率(固定)とする。
                        ・利息は貸与終了となった月の翌月から
                         月単位で課される。
                        ・返還は元利均等方式(注)

対象    高等学校                 短期大学
      大学(学部)                大学院
     高等専門学校      
    専修学校(高等・専門課程)
      短期大学                 大学(学部)
      大学院                高等専門学校(4,5年生)
                          専修学校(専門課程)
                            に在学する学生・生徒

選考  特に優れた学生および
     生徒で経済的理由により
     著しく就学困難な者に貸与     第一種奨学金より緩やかな基準に
                           よって選考された者に貸与

貸与月額   
    学種別・設置者・採用年度・
    通学形態別に定められている。   本人が4種類の貸与月額から自由に
                          選択でき、さらに在学採用の場合は
                          申し込み年度の4月までさかのぼって
                          貸与を受けることができる。


第一種奨学金(無利息)の貸与月額 

平成17年度入学

区分
(貸与回数)     通学   貸与月額(円)  貸与総額(千円)  月賦金額(円)  返済回数(年)

大学
(45月)  
     国公立 自宅    45,000      2,025      12,053      168(14)
           自宅外   51,000      2,295      12,750      180(15)
     私立   自宅    54,000      2,430      13,500      180(15)
           自宅外   64,000      2,880      15,000      192(16)
短大
専修(専門)
(21月)  
     国公立 自宅    45,000      945        7,875       120(10)
           自宅外   51,000      1,071       8,113       132(11)
     私立   自宅     53,000      1,113       8,431       132(11)
           自宅外   60,000      1,260       8,750       144(12)
大学通信
    一面接授業機関    88,000      88         3,666       24(2)
大学院
     修士課程(24月)   88,000      2,112      12,571       168(14)
     修士課程(36月)   22,000      4,392      18,300       240(20)
高専(36月)+(24月)
     国公立  自宅    21,000
                (45,000)     1,836       10,928       168(14)
           自宅外   22,500
                (51,000)     2,034       12,107       240(20)
     私立   自宅    32,000
                (53,000)     2,424       13,466       168(14)
           自宅外   35,000
                (60,000)     2,700       15,000       180(15)

(注)高専の( )内月額は、
平成17年度入学者が4年次に新旧したときに適用


第二種奨学金の貸与月額

短期大学           3万円・5万円・8万円・10万円の中から
                 自由選択月額の変更可能
大学
専修学校(専門)

*第二種奨学金(きぼう21プラン)で10万円を選択した場合に限り希望により、
 私立大学の医・歯学課程は月額4万円、薬・獣医学課程は月額2万円の
 増額が認められています。

*このほか、入学時特別増額貸与奨学金(平成15年度創設)、
 海外留学生のための第二種奨学金制度があります。


2..地方公共団体の奨学金

その地域に保護者が住んでいることが条件となります。
成績などの応募条件は日本学生支援機構より緩いのですが、
他との併用が認められないことがあるので注意が必要です。


3..民間育英団体の奨学金

企業や個人の設営で条件などは制度ごとに異なります。
大学が募集窓口になっていることが多いので、大学に確認します。


4..学校独自の奨学金

ほとんどの私立大学に設けられています。
入学してから選考する場合と、奨学生のための
特別入試を行う場合があります。

慶応義塾大学は、私立大学の中でも、
奨学金制度が充実していることでも知られています。

慶応義塾が独自に設けている奨学金には、
人物・学業ともに優秀で意欲ある学生に送られるもののほか、
家計急変で支援が必要な学生に給付されるものなど
6本の柱があります。

奨学生数は延べで約7000人弱、
4.5人に1人が何らかの支援を受けているそうです。
(日本ファイナンシャルプランナーズ協会発行 FPジャーナルより)


早稲田大学にも大隈記念特別奨学金という、
成績優秀者を対象に年間授業料相当額が
支給されるものがあります。

初年度の支給額は70~100万円程度とのことです。


5.その他

学校の貸与制度

  奨学金制度に比べ基準が緩やかなことも多いので、
 利用できる可能性が高いです。

 入学時の貸与・一般貸与・家計急変時の貸付
・短期貸付の4つの種類があります。



新聞奨学会制度

  新聞配達をしながら学校に通う。奨学会が立て替えた学費を、
 給料から差し引き、残りを給料としてもらいます。

 宿舎も無料提供されるので、経済的に自宅外通学が難しい人にも
 進学の可能性ができます。




FPに相談してみる
FP相談室[FPサポートBOX]

もし足りなかったら ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。