So-net無料ブログ作成
検索選択

奨学金制度の種類と特徴 [教育資金お役立ち情報]

各奨学金制度の特徴を整理しました。


【貸与奨学金】

日本学生支援機構

 ・利用者が最も多く、
   現在111万人の学生が利用している(2009年8月確認時点)。

 ・学力j基準+家計基準で審査される。
   学力基準は、高校生時代の成績、家計基準は年収が一定以下。

 ・第一種奨学金
   無利子、審査が厳しい。
   貸与月額30,000~64,000円

 ・第二種奨学金
   在学中は無利息、その後の金利は3%を上限とする。
   貸与月額30,000~120,000円

 ・借入金額によっては、
   20年かけて返済することも可能。

 ・連帯保証人がいない場合、
   別途保証料を支払う必要がある。

あしなが育英会(遺児)、交通遺児育英会

 ・無利子、20年返済。

地方自治体育英資金

 ・東京都育英資金(高校時)


【給付奨学金】

大学独自の奨学金制度

 ・成績優秀者の学費免除
 ・貸与奨学金

新聞奨学会

民間企業奨学金制度

 例)電通育英会:大学生向けは貸与奨学金
             成績優秀者は返還免除



FPに相談してみる
FP相談室[FPサポートBOX]


奨学金制度とは? [教育資金お役立ち情報]

教育資金の「直前の準備」のひとつに、 「奨学金制度」の利用があります。


「奨学金制度」について、まとめてみましょう。

奨学金には、

卒業後奨学金を返す必要ががある『貸与奨学金』と、

返す必要がない『給付奨学金』

があります。


日本では、『貸与奨学金』が主流で、
『給付奨学金』は狭き門といえます。


『貸与奨学金』は教育ローンと比べると、
先々に返済が残るので
ファイナンスという意味では同じですが、

主に子どもが返済するという違いや、

無利子の奨学金があったり、
有利子の奨学金でも、在学中は無利息のことが多い。
(教育ローンは、在学中は元本据え置き=利息の未返済)

最長返済期間が20年程度と長い。

など、いくらか教育ローンよりも利用しやすい特徴があります。


どの奨学金を選ぶか?

あしなが育英会(遺児向け・無利子貸与)などの対象でなければ、

シンプルに、

・「日本学生支援機構」
・「大学独自の奨学金制度を調べる」

ことになると思います。

日本学生支援機構の審査(大学費用)では、
高校時代の成績を見られるため、
それを見越した勉強が重要です。





FPに相談してみる
FP相談室[FPサポートBOX]




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。