So-net無料ブログ作成

「財形教育融資」が終了します [教育資金お役立ち情報]

FP相談室[FPサポートBOX]
ファイナンシャル・プランナー
CFP®
水野敏彦です。

公的な教育ローン「財形教育融資」が9月末の受付までで終了します。

財形貯蓄をしている人が利用できる「財形教育融資」は、制度を運営する独立行政法人雇用・能力開発機構が、平成23年10月1日をもって廃止されるのに伴い終了することになります。

財形教育融資は「一般」「年金」「住宅」のいずれかの財形貯蓄をしている人に、高校や大学の授業料や入学金などの資金を融資する制度。

融資額は財形貯蓄残高の5倍以内で10万円以上450万円まで。

返済期間は10年以内で、金利は9月2日時点で年1.93%です。

財形教育融資は1970年代後半に始まったが、10月以降、窓口業務は独立行政法人勤労者退職金共済機構が引き継ぐ。

すでに融資を受けている人は従来通り取り扱い金融機関を通じて返済していきます。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。