So-net無料ブログ作成
検索選択

家計の見直しで資金を捻出する方法とは? [もし足りなかったら]

家計の見直しで資金を捻出する方法とは?


III. 家計の見直しで乗り切る!

住宅ローンの見直しで乗り切る!

こどもが小学校に上がる前くらいのタイミングで、
住宅ローンを組んで家を買われる方も多いと思います。

住宅ローンには、大きく分けて固定と変動の2つ、

 ・35年など長期の固定金利
 ・変動金利 (3年固定や5年固定など短期間の固定も含む)

の2パターンがあります。


長期固定の住宅ローンは変動金利よりも
最初から金利が高めのため、毎年じわじわと家計を圧迫する
恐れがあることに注意が必要です。

変動金利(および短期固定)の住宅ローンは、
低金利が続いている限りは金利が低いですが、
教育費の一番大変な時期に、住宅ローンの返済額が
上がる恐れもあることに注意が必要です。


一方、住宅ローンを上手に選ぶことができたり、
上手に借り換えたりすると、数十万円~数百万の
メリットが出ることがあります。

 ※住宅ローンの借り換え、を考えている方には
   ⇒ 住宅ローンサポートパックオススメします。


また、教育資金の負担を控えた方の「繰上げ返済」
には注意が必要です。

もし、

住宅ローンを繰上げ返済したら
教育費が足りなくなり、
仕方なく教育ローンを借りようとしたら、
そのほうが金利が高い、

ということになったら、本末転倒です。

教育費との兼ね合いを考えておいたほうがいいですね。





● 保険の見直しで乗り切る!

生命保険は勧められるままに加入したので、
実は内容もよくわかっていない、
なんてことはありませんか?

そんな方は、一度すべての保険を見直してみる
ことをお勧めします。

例えば、10年とか、15年の更新型に
入られているかたは、更新で保険料が上がる時期と、
教育資金の負担が重くなる時期が重なっていないか、
保険証書を出して確認してみましょう。

保険はいつでも変えられるわけではありません。

健康上の問題が特にないうちに見直されることをお勧めします。
必要な保障額は結婚したり、子供ができたりといった
ライフスタイルの変化によって変わっていきます。

新しいタイプの競争力のある保険も登場していますので、
適切な保険見直しを行うと、ぴったりな保障を確保しつつ、
保険料をぐっと削減できる可能性があります。

そして、保険見直しに成功したら、
浮いた分を教育資金や貯蓄に回しましょう。


プロのFPの力を借りて保険見直し、整理をしたい方には
保険見直しサポートパック の利用をオススメします



FPに相談してみる
FP相談室[FPサポートBOX]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。