So-net無料ブログ作成
検索選択

教育ローンを利用する方法とは? [もし足りなかったら]

教育ローンを利用する方法とは?


II. 銀行や国の教育ローン

代表的な教育ローン

             金利    保証人など     貸付限度額            融資対象

日本政策金融公庫
教育一般貸付    *固定
            年2.2%   連帯保証人
                    または
                  保証料1%相当    学生一人につき
                               200万円           給与所得者は
                                               年収990万円以内
                                               事業所得者は
                                               770万円以内

日本政策金融公庫
郵貯貸付       *固定
            年2.2%   連帯保証人
                    または
                  保証料1%相当   学生一人につき
                              200万円で
                             教育積立郵便貯金の
                             残額の範囲            教育積立郵便貯金
                                                の貯金者

銀行           固定
             ~年7%
             程度    無担保・無保証
                   もある        300万円~500万円
                               が主流              20歳以上
             変動
             ~年5%
             程度

  *参考:H20年4月時点の金利です


● 国の教育ローン

 高校以上の学生・生徒の保護者に貸すのが原則です。
行政改革推進法や国会審議を踏まえ、
20年以降は、融資対象の範囲が縮小されました。
詳しくは、日本政策金融公庫のホームページ(国の教育ローン)


* 教育一般貸付は20年10月以降、世帯年間収入に応じた融資対象と
  融資額であったものが子供の人数に応じた金額になります。

* 郵貯貸付に伴う教育積立郵便貯金の新規預入は
  平成19年9月末で終了しています。

* 年金教育貸付のご利用にあたっては、
  独立行政法人福祉医療機構による申込のあっせんが必要となりますが、
  現在、同機構は申込あっせん業務を休止しております。

詳細は、日本政策金融公庫のホームページでご確認くださいhttp://www.kokukin.go.jp/kyouiku/index.html


● 金融機関の教育ローン

労働金庫や銀行、JAなどが扱っています。

無担保と有担保、固定金利と変動金利があるほか、
子供が就職した後に子供自身が返済を引き継ぐ
「親子リレー返済」が利用できる金融機関もあります。

融資金額や資金使途の自由度が高く、
商品内容にバリエーションがある点が特徴です。

幼稚園入園からでも利用できたり、借入上限額が高いのも特徴です。
融資までのスピードが速くて手続きも比較的、簡単です。

公的ローンより金利は高めですが、
取引状況に応じた金利優遇があったり、
シーズンになると金利優遇キャンペーンが行なわれる
金融機関もあります。

ただし、融資条件として世帯年収の下限や、
保護者の年齢に制限がある場合もあります。


FPに相談してみる
FP相談室[FPサポートBOX]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。