So-net無料ブログ作成
検索選択

奨学金を利用する方法とは? [もし足りなかったら]

奨学金を利用する方法とは?

教育資金が十分に準備できないまま、
高校や大学の時期を迎えてしまったときには、
もらったり、借りたりして、何とかするしかないですね!

――奨学金や教育ローンを利用する方法があります。


I. 奨学金

まず検討したいのは、奨学金です。

卒業後に返済する貸与制度と、返さなくていい給付制度があります。

貸与の場合も、無利子低金利なので
ムリなく自分で返済しやすいため、
今後ますます利用者は増えそうです。

自分が利用できるものを事前に探しておくと良いでしょう。


1.日本学生支援機構 (旧 日本育英会)

「第一種奨学金」と 「第二種奨学金」があります。
第一種は成績が優れた学生に無利子で貸与されます。

(ただし経済的支援が必要という一定の基準を
 満たしていることが要件となっています。)

第二種は第一種より、学力・家計基準が緩やかで
有利子での貸与になります。

ここ数年、貸与条件を満たす希望者の
ほぼすべての学生が採用されています。

経済的理由によっては、
第一種と第二種の併用も可能です。

申し込み機会は高校3年次に高校を通じて申し込む「予約採用」と、
大学等進学後に学校を通じて申し込む「在学採用」の2回あります。

受付期間が限定されているので、利用したい場合は注意が必要です。

日本学生支援機構の奨学金の種類

      第一種奨学金                第二種奨学金
                            (きぼう21プラン)
利息     無利息             利息付(在学中は無利息)年利上限3%

                        ・貸与期間中の貸与利率の平均を返還
                          利率(固定)とする。
                        ・利息は貸与終了となった月の翌月から
                         月単位で課される。
                        ・返還は元利均等方式(注)

対象    高等学校                 短期大学
      大学(学部)                大学院
     高等専門学校      
    専修学校(高等・専門課程)
      短期大学                 大学(学部)
      大学院                高等専門学校(4,5年生)
                          専修学校(専門課程)
                            に在学する学生・生徒

選考  特に優れた学生および
     生徒で経済的理由により
     著しく就学困難な者に貸与     第一種奨学金より緩やかな基準に
                           よって選考された者に貸与

貸与月額   
    学種別・設置者・採用年度・
    通学形態別に定められている。   本人が4種類の貸与月額から自由に
                          選択でき、さらに在学採用の場合は
                          申し込み年度の4月までさかのぼって
                          貸与を受けることができる。


第一種奨学金(無利息)の貸与月額 

平成17年度入学

区分
(貸与回数)     通学   貸与月額(円)  貸与総額(千円)  月賦金額(円)  返済回数(年)

大学
(45月)  
     国公立 自宅    45,000      2,025      12,053      168(14)
           自宅外   51,000      2,295      12,750      180(15)
     私立   自宅    54,000      2,430      13,500      180(15)
           自宅外   64,000      2,880      15,000      192(16)
短大
専修(専門)
(21月)  
     国公立 自宅    45,000      945        7,875       120(10)
           自宅外   51,000      1,071       8,113       132(11)
     私立   自宅     53,000      1,113       8,431       132(11)
           自宅外   60,000      1,260       8,750       144(12)
大学通信
    一面接授業機関    88,000      88         3,666       24(2)
大学院
     修士課程(24月)   88,000      2,112      12,571       168(14)
     修士課程(36月)   22,000      4,392      18,300       240(20)
高専(36月)+(24月)
     国公立  自宅    21,000
                (45,000)     1,836       10,928       168(14)
           自宅外   22,500
                (51,000)     2,034       12,107       240(20)
     私立   自宅    32,000
                (53,000)     2,424       13,466       168(14)
           自宅外   35,000
                (60,000)     2,700       15,000       180(15)

(注)高専の( )内月額は、
平成17年度入学者が4年次に新旧したときに適用


第二種奨学金の貸与月額

短期大学           3万円・5万円・8万円・10万円の中から
                 自由選択月額の変更可能
大学
専修学校(専門)

*第二種奨学金(きぼう21プラン)で10万円を選択した場合に限り希望により、
 私立大学の医・歯学課程は月額4万円、薬・獣医学課程は月額2万円の
 増額が認められています。

*このほか、入学時特別増額貸与奨学金(平成15年度創設)、
 海外留学生のための第二種奨学金制度があります。


2..地方公共団体の奨学金

その地域に保護者が住んでいることが条件となります。
成績などの応募条件は日本学生支援機構より緩いのですが、
他との併用が認められないことがあるので注意が必要です。


3..民間育英団体の奨学金

企業や個人の設営で条件などは制度ごとに異なります。
大学が募集窓口になっていることが多いので、大学に確認します。


4..学校独自の奨学金

ほとんどの私立大学に設けられています。
入学してから選考する場合と、奨学生のための
特別入試を行う場合があります。

慶応義塾大学は、私立大学の中でも、
奨学金制度が充実していることでも知られています。

慶応義塾が独自に設けている奨学金には、
人物・学業ともに優秀で意欲ある学生に送られるもののほか、
家計急変で支援が必要な学生に給付されるものなど
6本の柱があります。

奨学生数は延べで約7000人弱、
4.5人に1人が何らかの支援を受けているそうです。
(日本ファイナンシャルプランナーズ協会発行 FPジャーナルより)


早稲田大学にも大隈記念特別奨学金という、
成績優秀者を対象に年間授業料相当額が
支給されるものがあります。

初年度の支給額は70~100万円程度とのことです。


5.その他

学校の貸与制度

  奨学金制度に比べ基準が緩やかなことも多いので、
 利用できる可能性が高いです。

 入学時の貸与・一般貸与・家計急変時の貸付
・短期貸付の4つの種類があります。



新聞奨学会制度

  新聞配達をしながら学校に通う。奨学会が立て替えた学費を、
 給料から差し引き、残りを給料としてもらいます。

 宿舎も無料提供されるので、経済的に自宅外通学が難しい人にも
 進学の可能性ができます。




FPに相談してみる
FP相談室[FPサポートBOX]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。