So-net無料ブログ作成

「積立預金」で教育資金をつくる方法とは? [教育資金の作り方]

II. 一般財形や銀行などの積立で作る

教育資金は、必ず学資保険で作らなければ
ならない…ということは決してありません!

 たとえば、現在0歳の子供がいて、
 教育資金の目標額が300万円で、
 それを高校入学までにある程度貯めておきたい

なら、こんな貯め方もできるでしょう。


・(月1.7万円×12ヶ月)×15年=306万円
・(月5000円×12カ月+ボーナス時7万円×2回)×15年=300万円
・(ボーナス時10万円×2回)×15年=300万円

元本のみの計算で、利率は考慮しなくても、
チリも積もれば何とやらで、けっこう貯まりますね!

積み立てで気をつけなくてはならないのは、
教育資金とはっきり意識してためることです。

住宅ローンの返済や、生活費に使ってしまったということが
ないように確実にためるには、決まった口座から自動的に
引き落とされるようにしてはいかがでしょう。

そういう観点から見ると、積立に向く商品には、
次のようなものがあげられます。


●一般財形

会社に財形貯蓄(ザイケイチョチク)があれば、
それを利用するのがお勧めです。
給与天引きなので確実にためられます。

 (さらに、国の助成制度を導入している会社なら
 教育資金用に50万円以上引き出した場合に給付金が
 支給されていた…のですが、2007年3月末に廃止されました)

また、本人またはその親族が
教育を受けるために必要な資金(受験料、入学金、
授業料など入学当初に必要な費用)の融資を
受けられるというメリットもあります。

融資額は、財形貯蓄残高の5倍までで、最高450万円です。
金利は固定。償還期間は10年ですが、
元金を4年間据え置くことができます。


●銀行の自動積立定期

普通預金口座から毎月一定額を積み立てます。
積み立て日を給料日などに設定しておけば、確実に貯められます。

スーパー定期か期日指定定期で、
積立額は1万円以上1万円単位のところが多いです。


●郵便局のオート定期

通常貯金から毎月自動的に積み立てます。
積立額は1000円以上1000円単位。
ボーナス月に積立額を割増設定することが可能です。



教育資金の準備に適しているのは、これだけではありません。
「インフレに対応した商品」も非常に大切です!


FPに相談してみる
FP相談室[FPサポートBOX]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。