So-net無料ブログ作成
検索選択

そもそも準備する必要あるの? [教育資金準備の考え方]

I. そもそも準備する必要があるの?


あなたは、子どもにどんな教育をうけさせたいと考えていますか?


各家庭によって考え方は様々だと思いますが、通常は
幼稚園から小学校中学校、高校、大学とすすむにつれ、
教育費の負担はどんどん重くなっていきます。

負担のアップに合わせて、収入もどんどんアップするなら
問題ないかもしれませんが――それに期待するのは危険ですね。

親としては「子どもに理想的な教育を受けさせたい」と
真剣に考えていても、しっかり準備をしていかないと
「ウチはお金がないから、その学校はダメ」という
悲しい状況に陥る可能性があります。



子ども1人が大学を卒業するまでの学校教育費として、
幼稚園から大学まで全て公立で約1000万円、
すべて私立で約2500万円かかるといわれます。

総額で聞くと「うわ~っ」と思ってしまいますが、
この金額を全て事前にためなければならないわけでは
ないのでご安心ください。

実際には、毎月の家計(収入)の中から
一定の金額は捻出できますので、

大きな金額が一度にかかり、
毎月の収入から出し切れないと思われる時
(私立高校や大学入学時など)までに準備
をすればいいのです。


教育資金は生まれた時点で必要となる時期が決まる、
という意味では「計画がたてやすい資金」といえます。

お子さまの将来の選択肢を広げるだけでなく、
自分の将来の生活を安定したものにするためにも、
早いうちからしっかりとプランをたてることが
大事だといえるでしょう。



FPに相談してみる
FP相談室[FPサポートBOX]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。